« 2018年12月2日 - 2018年12月8日 | トップページ | 2018年12月16日 - 2018年12月22日 »

2018年12月15日 (土)

医院ブログ傑作集64 2012年1月10日 2度目の珍島行き

139

 木浦駅からけっこう離れた場所、国道1号線のソウルよりにある木浦の市外バスターミナルです。今は新しい、東の方の町に移転してしまってるかもしれません。


140

 手軽な行動食にいいのがトースト。いろんな具をはさんだ、温かいサンドイッチです。砂糖を入れないで、と頼まないとかなり甘くなってしまうので注文時には注意が必要です。


141

 で、水とそんな軽食を持ってバスへ。初めて珍島に足を記したのは昔の連絡船が行き来したという碧波港という今は静かな港でしたが、この時は珍島邑を歩いてみたのでした。

 かなり大きな島で山もたくさん。何だか島にいる気がしないのは佐渡と似ているかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集63 工夫房

087

 工夫房、コンブバンって読みますが、工夫=勉強、房=部屋ですので、まぁ、学習塾みたいなもの。なんとか学院って言う呼び名ではないのは自願奉仕の学生さんとかが中心になって無料もしくはごくごく低廉な授業料で子供に勉強を教える施設です。

 韓国人の私教育にかけるお金は月に100万Wとか、そんな話も聞きますが、それが出せないお宅ではなおさら差がついてしまう。ということで社会福祉の一環として工夫房があちこちに開かれているのでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集62 2011年7月20日 主屹山

120

 韓国にも山がたくさん。また、韓国人の登山好きは日本以上だと思います。一時は本屋で韓国の山の本を買い集めていた時期もありました。

 でも、韓国の山、一番高い済州島のハルラ山でも1900m台。ですので、もっと高い山に行きたいと言うことで日本の山、たとえばお手軽な立山あたりへ来る韓国の人も多いと聞いています。

 そんな韓国の山で私が一番好きなのがこのチュフル山。標高は確か1200mとかですが、その姿は、なかなか日本では見られないようなごつごつした山容。これもでも、中部内陸高速道路の開通で手軽に見ることができるようになりました。

 追記、高さは1100mちょっとでした。でも、なかなかの格好でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

医院ブログ傑作集61 2011年7月19日 華僑小学校(跡地)

106

 95年の初ソウル、と、よく話していますが、実は92年、医院の旅行、団体でチェジュへ行っています。その時も済州市でみつけて、あとはここの古い記事にあったと思う全州、群山にもあったかな?韓国にある華僑小学校、台湾との交流が盛んだった時代の物かもしれません。

 で、ここは江景。それほど大きな街ではないのですが、やはり朝鮮時代からの市場で有名だったためでしょうか、華僑小学校があったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集60 2011年9月20日 皇帝チャムポン

118

 右上にちょっと見えるのは殻だのを捨てる鍋。相当の大きさです。18000W位だったかな?馬山の魚市場のそばにあった「皇帝チャンポン」という店の、その「皇帝」という一番高いやつ。でも、具は豪華でしたが、麺とスープという点では私はあんまりでした。ネタ的なお話でしょう。まだあるかどうかは、、、わかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

2018年12月11日 嬉しい休み

001

 オープンデイの火曜日、少しだけ入っていた患者さんの診療、今終わり、片付けです。

 年末のため、いろいろ雑務はありますが、ともあれ嬉しい休診日。有効に使いましょう。

 写真は昨日の夜のもの。みぞれの降るけやき通り。先週末からイルミネーションが始まりました。東京とか仙台とか、煌々と明るく派手なのとは違うタイプですが毎年の冬の行事です。

 さて、美味しいもの買って帰るかな。じゃぁ、片付けをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6609 大韓民国臨時政府の왕심덕さん

460

 多分、ソウル市立博物館の特別企画展の展示だと思うのですが、大韓民国臨時政府の新年会だかの集合写真で、李承晩さんもいる中、中国服にサングラスの方が写っていました。

 別の、どれが誰という図では왕심뎍というお名前のよう。他の皆が背広姿の中、ちょっと面白いなと思って拡大してみたんです。

 さて、ワンシムドクさん、検索してみると、ヤフー、MSNでは出ず、グーグルでも名前だけでは出ず、大韓民国臨時政府をプラスするとこの同じ写真は出てきますが、さて、どんな人だかはわかりません。

 検索の仕方が良くないのかもしれませんが、これだけ出てこないとちょっと興味が湧きます。もしかして中国の人?とも思えますが、すでに共産党の国になっていたのではないかな?

 どなたか、この方の事、ご存じだったらコメント、お願いします。後方の「射」の文字の左は「月」。「射月」という料亭かなんかの写真のようでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集59 黄鶴洞・韓国語を学んだ町

115

 中区になるのかな?ソウル旧市内、中心部は鍾路区ですが、ちょっと南になると中区、東へ行くと東大門区、狭い範囲で区が変わるんです。

 写真は中央市場北口。乙支路と退渓ろが東大門運動場の東で合わさった道、往十里キルと、清渓川路の間の道、馬場路の交差点です。夜になるとこの辺、ポジャンマチャ、コプチャンクイの屋台が出ます。90年代後半から、一人で食べられて、日本語を知らない人と話せる場所、ということで、行く度に通い、ここで韓国語を学んだ。そんな街です。

 下り坂は昔は市場のトラックの駐車場で、すぐ右手に食堂アジュマ2ご夫婦がやっていた果物露店がありました。旧道はすぐ左を、細く曲がりながら下って行きます。


114

 黄鶴洞と言えば、中央市場と、食器・厨房機器・食堂家具。最近は無くなってきてますが中古家電製品。それと、家具の店が多い町です。屋台をオーダーメイドで作る、そんな店もあれば、食堂のスタッフの制服の店もあったり。ただ歩いても面白い風景が広がります。

 写真は圧力炊き釜飯調理器の店。日本でも、あ、新潟でも釜飯の有名店はありますが、15分くらいでできます。韓国でもトルソッパプを選べる店はたくさん。そんな店で早くお客さんに釜飯を出すための器械。調理時は圧力蓋で急速炊き。できたら、普通の木の蓋に取り換えて提供する。そんなふうになっています。


116

 これは家具の店が多い方。中央市場の西側の、往十里キルと馬場路の間です。あまり観光客は行かないでしょうねぇ。


117

 で、そんな家具屋の多い町の中のノリト。小公園。前の写真の右手の木がたくさんある場所です。ここ、黄鶴洞のノリト」で分る人はわかります。

 これは7年前で、きれいに整備されてしまいましたが、さらに2年ほど前、駐車場と集会所みたいになってしまいました。90年代はここ、ごく普通の小さな公園で、密集したソウルの下町の憩いの場という感じだったのに、まぁ、それも時代の流れでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集58 艶めいたソウルの夜

110

 歩くのは好きです。時間があればできるだけ歩くようにしています。でも、夜は、食事の時に飲むことが多いのでこちらにいる時は早寝で早起き。昨日は夜間診療だったので全体に遅くなり、でも、5時前に起きました。

 写真はソウルの市内バス。夜遅くなると一部の路線を除けば割合空いています。日本以上にいろんな車両のタイプがあり、新型の導入も早い感じです。


111

 場所は、ちょっとソウルに詳しい方ならわかりますよね。座れればソウル市内、景色が見えるバスでの移動もなかなか楽しいものです。また、最近のコンデジ、本当によく撮れるようになりました。ストロボ無しでもこんな感じ。きれいでしょう?


113

 宿は、大抵は旧市内。最近はちょっとご無沙汰ですが、鍾路あたりが多かった時期もあります。


112

 大都市ソウル、まだまだ宵の口。ちょっと歩いて宿に戻ろうか?そんな時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

医院ブログ傑作集57 江景の町2

107

 江景タワーのあたりから見た錦江と上流の風景。扶余まで見える、という話ですが、確かに大きな川です。川岸に降りて水をちょっとなめてみればよかったな。しょっぱいかどうか。


109

 そして、玉女峰の頂上。公園になっていて町のために功績があった人の顕彰碑だのがたくさん。それと小さな茶屋があり、木の下で休む人もいました。飲み物、酒、アイスクリーム、菓子、そんなのを商う店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集56 2011年7月19日 江景の町1

099

 塩辛の町、朝鮮時代の市場の町、そして日帝時代の痕跡を多く残す町、忠南の江景、何度か行っています。駅からも歩ける範囲で良くまとまっている、歩いて楽しい町です。

 錦江のほとり、ちょっとした丘の上に江景タワーがあります。すぐ右は錦江の土手、ちょっと先に河霜さんとも別の時に行ったフグ料理の有名店があります。


103
 ほぼ同じ場所から、土手の上。80年代まで塩辛の材料を運んでいたという船が塩辛ミュージアムとして使われています。

 川なのにこんな船が?と驚く日本人です。河口の群山から何キロあるのでしょう?

101

 江景タワーの下からの錦江と江景の町。向こうの小さな山は玉女峰。次回、そっちの写真を紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集55 2011年7月20日 尚州北川戦績地

105

 少し前の記事で、川の手前からの写真をアップしましたが、イムジン・チョンユ倭乱の激戦地にあるお堂と公園です。とてもきれいに整備され、また、毎朝地元のボランティアが清掃活動をしています。

 やはり儒教に基づいたものなのか、一番上のお堂への階段は3列に。確か、真ん中が英霊の通路。お参りする生きてる人は左から上がって右側を下るだか、そんな決まりがあったと思います。


104

 同じ場所から尚州の町。北の、聞慶・店村から一般国道を走ってきたバスはこの左側を通って尚州に入ります。ターミナルも見えているかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

とうちゃんの自転車日記1533 小千谷駅前の犬

030

 信越線の小千谷駅、駅舎を出たところからの写真です。前にも書いたように、ここから坂を下りて信濃川。橋を渡ると昔からの小千谷の町です。

 横断歩道はありますが、雪国なので地下歩道も。名産のニシキゴイの格好です。

 鉄道、大昔は敬遠されたとも言うし、単に長岡から高崎への最短経路だからかもしれませんが、旧来の小千谷からは離れた場所を走っています。


029
 自転車乗りからウォーキング愛好者になってもう何年くらいでしょう?えちごワンデーパスの自由乗車区間の南端の小千谷、何度も来ていますが、駅前の喫茶店で飼われているこの犬に会うのも楽しみな私です。けっこう歳とった感じだなぁ、犬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集54 厚岩洞風景

081

 ソウル駅の南東側の町、厚岩洞です。解体工事でしょうか?トラックをかなりの坂道に停めて作業中。一応車輪止めはしてありますが、学生さんが平気で前を歩いて行きます。大丈夫かなぁ?とちょっと心配しながらの1枚です。

 昨日の朝の江陵で起きたKTXの脱線事故。発車してすぐということで大したスピードも出ていなかったためか死者無し、負傷者十数名で済みました。安全なはずの鉄道、しっかり管理、運行してもらいたいものです。

 ずいぶん前に李準圭先生とその軍医時代の友人の先生を京都奈良と案内したとき、ちょうど福知山線の尼崎脱線事故の直後でした。電車は大丈夫?なんて冗談を言われましたが、公共交通の安全面、韓国はもうちょっときっちりやって欲しいなぁ。少し遅れてきたハルモニを待ったりとか、いい面のケンチャナヨもあるんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集53 2011年5月26日 현저동の再開発区域

074

 ヒョンジョ洞、西大門刑務所歴史館の上の山の斜面にある街です。ヒョンは日本語の峠という意味で、山へんに見と書きます。少し前の記事で書いた、ソウルから新義州へ行く朝鮮時代からの街道の最初の峠の左手にあたります。

 ちょうど再開発のための撤去中の町、坂道の多い町を歩いてみました。


075


076


077


078


079


080

 現代Iパークアパートと仁王山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月2日 - 2018年12月8日 | トップページ | 2018年12月16日 - 2018年12月22日 »