« 2018年12月9日 - 2018年12月15日 | トップページ | 2018年12月23日 - 2018年12月29日 »

2018年12月22日 (土)

医院ブログ傑作集74 2012年1月10日 珍島大橋から

148

 左端に海峡を望む李舜臣将軍の大きな像がある場所、珍島大橋です。このかなり前に木浦からチュジャ島経由で済州島へ行く高速船でここの下を通りました。ボラ釣りの人がたくさんいたと思います。

 ここを鳴梁海峡というのかな?韓国に興味を持っていろいろ読んだり見たりしてますがちょっと記憶があやふや。ただ、島の多い海の狭い海峡、流れがすごく速いのはこの前回、この時も感じました。

 韓国は右側通行、ということは帰りの写真で、左手が韓半島なのかな?違っていたらごめんなさい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集73 2011年9月21日 釜山・ムルマンゴルとそのとなりの谷

134

 釜山の荒嶺山の北側の谷の町、ムルマンゴルへマウルボスで行き、尾根を越えて隣の谷を下ったのだったか、そんな時の写真です。


131

 韓国のことを話すときに「乾いた空気感」みたいな言葉を使いますが、これもそんな1枚。日本ではあまり見られない風景だと思います。


132

 隣の谷も山の町。かなりの斜面まで家が建っています。


133

 釜山行きの飛行機がある大きな都市がうらやましいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

2018年12月21日 年末年末年末

328

 通常の仕事に加え、やはり何だかんだ年末は忙しくなります。そろそろお休みにしたいと思っている年頭の挨拶葉書、とりあえず、時間のかかる海外分を先にと思っていますが、10年ちょっと前に住居表示が道路別に変った韓国、郵便番号も最近変わったみたいです。

 台湾、ブラジル、そして韓国へ10通ほど。 書きなれない宛名書き、さらには住所をどう書くか?など、あれこれ考えてると進まないので、ええいっ、ケンチャンタ!と思って書き上げました。

 結局、大半を占める韓国の住所も、従来の○○洞というので届くと思うので、郵便番号は無し、もしくは従来の番号で。家内には、大事なところではもっと几帳面に、どうでもいい所はもっと大胆に、と言われる私です。

 写真は韓国の郵便関係ということで、忠南泰安郡安興の港にある泰安郵逓局の出張所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集72 2011年9月20日 高霊市外バスターミナル

153

 宮原誠也さんの本で、古墳がぽこぽこある田舎の町という記述を読んで行ってみたかった場所、慶尚、、、南?北?の高霊の町です。釜山を朝に出て、慶南の田舎をバスで走って行ってみました。ここからは多分、いつものパターンで、大邱西部停留場へ行ったのだと思います。

 小さな女の子とお母さん、ハレの場所が駅であり、バスターミナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集71 2012年1月9日 清涼里ロータリー

152

 ロータリー式交差点、教習所では教わりますが、左折左折で回って通過するとか、日本では実際にはほとんど無かったと思います。それが韓国では、やはり信号方式になってはいましたが、たくさんあるのはちょっと面白かったです。

 これは清涼里駅前での地べたビュー。左の建物がみなカーブしてるのがわかります。遠くに新しくなった清涼里駅上のロッテデパートが見えています。今もこんな風に屋台が出ているかどうかは、ちょっとわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

医院ブログ傑作集70 2012年1月11日 法院里・勇者の家

146

 よりによって真冬に寒い方へ行っている私です。ソウルの北、法院里の町。2度目の訪問です。90年代、やはり龍岩面磨崖仏を見た後に行ったとき、初めてキムチチゲを食べたのがここ、法院里でした。

 2度目もやはり石仏を見た後に行ったのでしょう。この時は中華の店で海物ウドンを食べたのだったかな?レクストンだったか、一般に売られてる車の軍用車を見つけて、写真を撮っていいか?と聞いて断られたのも覚えています。

 で、韓国の各地、特にソウルより北へ行くとどこの町にもある軍人向けの店。ここは「勇士の家」という名前でした。


147

 中はこんなふう。日本のハクキン懐炉が売られていたので1枚。下着は冬用に強化されるのでしょうが、いつも同じ軍服姿での勤務。ご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

医院ブログ傑作集69 2012年1月20日 木浦市・面白い風景

144

 前の記事は1月11日、これは1月20日、ものすごい頻度で韓国へ行っていたものです。大好きな全羅道の第2の都市、木浦も何度も行って何度も泊まって歩いています。

 昔は木浦でホテルと言えば、、、なんだっけ?度忘れしてしまいましたが南の方の海岸にある金大中さんも利用していたホテルと、ちょうど行ってみたら倒産してしまっていた草原ホテルの2つでした。左がそれです。今は、うんと南のほうに現代ホテルだったかな?海岸の山の上にでっかいのがありますし、一度だけ泊まった東の、新しい街にもけっこういいホテルができてました。シャングリアホテル、2000年代初めで10万W以上でした。

 で、草原ホテル脇の小山の上のお宅。何だか面白いでしょう?普通の家ではないのかな?日本では見られない景色です。


143

 こちらも木浦市内、同じ日の写真ですが、レンガ造りの階段と、コンクリートの丸いカーブした壁のお宅。かなり凝った造りです。いつ頃の物なのでしょう。今もあるのかなぁ?

 木浦も、、、でも、これ以来行っていないかもしれません。古いものがけっこう残る楽しい町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集68 2012年1月11日 広灘面磨崖仏

136

 京機道、今は坡州市?昔は坡州郡広灘面の龍岩里の石仏というか磨崖仏です。2度行っていますが、これは2回目の訪問の時のもの。仏岩洞の小さなターミナルから行った1回目とは違い、ソウル市内の青いバスがかなり郊外のほうまで走るようになってました。

 アヌンキルドムロガラ、知った道も尋ねて行け、というとおり、2度目も運転技士ニムに龍岩石仏の所で、と頼んで知らせてもらっての訪問。ソウル市内から1時間ちょいで行ける手軽な遠足です。


138

 有名な雲舟寺の臥仏もそうですがここも男女一対のよう。ずっと一生夫婦が一緒に寝るという韓国だからかもしれません。


137

 裏へ上れるようになっていて、頭の部分だけ別に作っておかれていて、磨崖仏と言えるのは胴体部分だけです。

 1度目も2度目も、リスを見かける場所。足元には蝋燭やら線香を供える設備があり、供物なんかも置かれるのかも。それでリスが来るのかなぁ?

 無宗教とも言える私ですが韓国の石仏、石塔で、そういうものが好きになりました。石でできたものはホンモノですので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

とうちゃんの自転車日記1535 長岡市電車ウォーキング2

005

 「たからや餅屋」で醤油おこわとどら焼きを買って戻ります。家内の実家があった町でもあり、けっこう知っているつもりですが、あえて知らない町の方を歩いて駅へ向かいます。この建物は歯医者さん。「洋館」と言っていいでしょう、窓ガラスの桟が細かめなのはガラスが高かった昔の建物の特徴。ホンモノの洋風建築です。地方都市を歩くと、大きな敷地に立派な建物、古き良き時代から続く歯科医院をよく見かけます。


006

 柿川をわたると飲み屋が多い繁華街、殿町。前にもアップしましたっけ?韓国スナックという看板の店がありました。ムジゲ=虹、李準圭先生のオフィスがあるアパートの名前、うんと初期に覚えた韓国語です。 しかし飲み放題と言っても2700円/時間、長居すると高くなりますね。


007

 周囲には本当に飲み屋がたくさん。新潟市に比べればかなり規模が小さい長岡でこれだけの店があるのは何だか不思議です。夜、また来てみたいなぁ。でも、トシのせいか9時過ぎると眠くなってしまう私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集67 2011年11月3日 バレーパーキング

128

 江南、清潭洞だったかな?高級焼肉店「セビョクチプ」の前、早起きの私ですのでうんと早い朝の写真です。

 店の前に小さなテント。「代理運転」という掲示も見られますが、土地が狭く地下も高いソウル、店の前で駐車場アジョシに鍵を預けて、店で食事。帰る時にはまたアジョシが車を持ってきてくれる。そんなバレーパーキングという方式がかなり見られます。

 客単価10万Wとかの店でなくても、テジコギの人気店でもそういうところ、ありましたし、退職後の仕事とかとしてけっこうそんあ駐車サービスの職、あるのでしょう。

 古い記事で書きましたが、運転手待機小屋のある高級レストランは流石に無くなったかもしれません。良才洞の「アテネ」という店で90年代、見たことがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集66 2011年9月21日 チャガルチで焼き魚定食

129

 釜山、チャガルチの埠頭沿いに並ぶ店。やはり韓国らしく同業者が集まる傾向があります。そんな道の食堂で朝食を摂りました。けっこう前なので5000Wくらい?かなり大きなイシモチの焼き魚に野菜中心のおかず、そしてステンレス容器のご飯と日本式の味噌汁であるテンジャンクッk。

 おかずはお代わり可能。ほぼ全部食べればなかなかのバランスの健康的な食事になるでしょう。実際、美味しくいただきました。

 イシモチ、新潟県では一般的ではありませんが、西日本、それに、中国、韓国では大事な魚の一つ。普通のはチョギ、手をかけて干した高級品はクルビと言います。何度かクルビも買いましたが、けっこうしょっぱいんです。普通のチョギで充分美味しい。そう思う私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

2018年12月17日 今年ももうあと2週間

001

 夜間診療の月曜日ですが、院長は朝から出てきて雑務&技工。何故か年末に集中してしまいました。また、休み後は診療室が冷えてしまうので朝からエアコンを入れて暖めておくのもあります。

 昨日の長岡市ウォーキングの最後に寄った美術品ギャラリー(?)、柏崎の佐藤さんという方の陶芸が置かれていました。模様があまりないシンプルな茶碗。私の理想である国宝の朝鮮の茶碗に似たタイプがたくさん。けっこうじっくり見て、店の人とも話しました。

 ただ、似たようなタイプがかなりたくさん展示されていて、どうも有り難味にちょっと欠けるような気もしました。こんなにたくさんあるのならもう少し手ごろな値段だといいなぁっても思ってしまいます。高い洋服屋みたいに、ちょっとだけ品物を置く。そんなのも工夫の一つのように思えました。 今持ってるのは萩焼(?)の茶碗2つ。それだけあれば充分かな。

 写真は夜のけやき通り。診療室からの写真です。さて、働こう。

 あ~、年賀状もまだまだ何もやっていません。どうしましょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医院ブログ傑作集65 2011年11月20日 水原市華城

123

 水原の華城、3回行っています。いい天気の日にはソウルからの日帰り遠足も簡単。市内中心部に残る広々した城跡はなかなかいい気持ちになれます。ちょうど幼稚園の遠足。こんなのに出会えるのも旅行福でしょう。


127

 撮ってある写真の中の1枚。これ、恵化あたりのソウルの城壁だと思っていましたが、バス路線を見ると水原の市内バスでした。ソウル、こんな色のバス走っていませんものね。韓国全土を走る市内バス。ものすごい本数でしょう。韓国の人だって居住地以外は乗りこなすのが大変だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1534 長岡市電車ウォーキング

002

 休みの日曜日、早起きしてえちごワンデーパスで電車ウォーキング。目的地は決めていませんでした。

 新潟駅からまず北へ。村上市はちょっと単調に思えるので新発田で下車。ちょうどあった羽越線の鈍行で新津へ。日に10本あるかないかのローカル線部分を楽しみました。気動車、何だが嬉しくなってしまうんですよ。


003

 その後、普通に長岡へ10時過ぎに着。市内を歩きます。柿川、春は桜がきれいな川です。岸へ降りられるのはなんだかいいですね。


004

 その後南へ。ここは大人気の有名ラーメン店ですが、強気な日曜休み。普通なら稼ぎ時でしょうに、儲かっている人気店だからこそできること。どんどん駐車場が増える店です。

 私の目的地はこのもう少し先。「たからや餅屋」という店。中越名物の醤油おこわを買いに行ったんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月9日 - 2018年12月15日 | トップページ | 2018年12月23日 - 2018年12月29日 »