« 普通の韓国を探して6616 「チョソ」? 聞き取りはまだまだ | トップページ | 普通の韓国を探して6618 麻浦にもあったハヌソ »

2019年1月19日 (土)

普通の韓国を探して6617 パンチボウルシレギ生産者協議会

586

 前に新聞広告の話をここで書き、河霜さんが実際に購入したという「パンチボウルシレギ」、中部市場の乾物店の店頭で見つけました。

 大根菜を干した昔からの韓国の保存食。冬場の野菜が少ない時期のための食べ物です。普通は市場の店頭やら、個人の家の前だのにちょこっと干してあったりするのですが、楊口のパンチボウルでは、大根が主でなく、上等のシレギを作るために栽培しているのだとか。一箱で数万Wもすると聞いています。

 買えないので控えめに写真を撮らせてもらいましたが確かにきれいに揃ったサイズのシレギでした。味は、、、どう違うのでしょう?

 ずいぶん前に行ったパンチボウル。日本人ではかなり早い時期の訪問だと思います。その後、トンネルもできたし、行く人も少しは増えているみたいですが、今はどうなってるのでしょう?

|

« 普通の韓国を探して6616 「チョソ」? 聞き取りはまだまだ | トップページ | 普通の韓国を探して6618 麻浦にもあったハヌソ »

コメント

あいにく夕食のおかずがシレギ汁です。
牛の骨、すなわちサゴルに入れて煮たものです。牛肉もいっしょに入れます。これ、美味しいです。冬のビタミンの宝庫です。食感もいいし、歯ごたえもいいです。僕の大好きな食べ物です。マッコリ、飲みます。

投稿: 河霜 | 2019年1月19日 (土) 17時11分

 コメントどうも。「どうも」ってとても便利な言葉です。
 で、「あいにく」の使い方が間違っていますよ。どっちかと言えば悪い事で使います。「遺憾スロpケド」が正しい意味ですので、こういう時は「ちょうど」とか、「寄寓にも」とか、「偶然にも」とか、そういう言葉を使います。
 私がケンカを売るようにシレギの悪口を言って、河霜さんが気分を害しつつケンカに応じる時には「あいにく」です。「よくもシレギの事を悪く言ってくれたな」という意味で。
 私も初めて食べたのは再建築中の瑞草洞ムジゲ綜合商街の中の食堂でのセコギとシレギのテンジャンチゲでしたよ。

投稿: おとう | 2019年1月21日 (月) 08時27分

どうもありがとうございます。
学院で学んだ外国語、やはりです。そうでしたか? まったく知らなかったです。生憎は韓国語でただ공교롭게という意味。どんな場合でも使う言葉だから。日本のように場合によって区別しないですよ。

今日、怪我をした後ようやく学院に出席します。まだちょっと無理かも知れませんが退屈でたまらなくて、、

投稿: 河霜 | 2019年1月21日 (月) 12時20分

どうも
 お恥ずかしい話ですが、「遺憾スロプケド」じゃなくて、「コンギョロプケド」と言わないといけなかったのでした。
 最初に買った韓国語旅行会話集「一人歩きの韓国語自遊自在」という本の例文に、
「コンギョロプケド満室イmニダ」だったかというのがあったのです。
 カセットテープもさんざん聞いていたため、意味も文字もわからずにそのまんま覚えてしまって、後日語学力が向上して「ああ、そうだったのか」とわかった例文も多数。
 「チョルムニドゥリモイヌンゴスンオディエヨ?」だのね。

投稿: おとう | 2019年1月21日 (月) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/67605954

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6617 パンチボウルシレギ生産者協議会:

« 普通の韓国を探して6616 「チョソ」? 聞き取りはまだまだ | トップページ | 普通の韓国を探して6618 麻浦にもあったハヌソ »