« 普通の韓国を探して6646 雲川里のモテル、石花荘 | トップページ | すばらしい韓国の食事1017 鍾5・新羅カルビでカルビタンの朝食 »

2019年2月 4日 (月)

普通の韓国を探して6647 またまた東松市場の鮮魚

252

 山の中なのに、韓国の市場、何でもありますね。左の箱はスケソウダラの白子、白子と真子[雌の卵巣]の混合。私も良く煮付けにしたりします。真ん中はコウイカ。買いたくなってしまいます。

 そして右は世界的に食べる人が増えて値上がり傾向だというタコ。これもこの5年くらい、韓国でも大流行の海産物です。

 中段は大型のナkチ、活けではないので加熱用、もしかしたら中国からの輸入品かも。真ん中はエビ、右は小型の赤貝の仲間「コマk」。おかずとしても良く出ます。

 面白いのは上の左、これ、たぶんタkパル。鶏の足先。中央市場でもそうですが、鶏の足だの内臓だの、魚屋にあったりします。まったく性格が違う商品だと思うのに。そして小箱は刺身につけるチョコチュジャン。酸っぱい調味料で、私は苦手。刺身の味を消してしまうような気がしますので。

|

« 普通の韓国を探して6646 雲川里のモテル、石花荘 | トップページ | すばらしい韓国の食事1017 鍾5・新羅カルビでカルビタンの朝食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6647 またまた東松市場の鮮魚:

« 普通の韓国を探して6646 雲川里のモテル、石花荘 | トップページ | すばらしい韓国の食事1017 鍾5・新羅カルビでカルビタンの朝食 »