« とうちゃんの自転車日記1555 復興観光 | トップページ | 2019年3月12日 オープンデイの火曜 »

2019年3月12日 (火)

普通の韓国を探して6673 清涼里へ

395

 大通りに出ました。教保文庫の角からずっとソウル城郭の中心を東西に走る鍾路。東大門を出てからも鍾路というのかな?ともかく、東大門、新設洞、祭基洞と来る地下鉄1号線の道です。

 ちょっと先に営養センター清涼里店があります。24時間営業、トンタクは昼だけかな?安くはないけどソウルの人たちに、日本人観光客に、昔から親しまれている参鶏湯の店です。


396

 もう清涼里ロータリーの一角。正確には丸い交差点なので角ではありませんね。向こう側の建物、少しずつカーブしているのがわかります。

 ここでは渡らず、ホームプラスで買った荷物を置きにホテルへ。清涼里から1号線に乗ります。


397

 昔、ここのニューブリムホテルだの、清モテルだのに泊まっていた時期があり、何度か行ってる「清涼里24時カマソッソルロンタン」、まだありますね。

 ずいぶん前から、24時間営業ではなくなりましたが、でも、駅前の古い店、早朝から夜遅くまでやっています。昔、時間がかかった時代、江陵とかから夜汽車で来てここで朝飯、もしくはその逆もあったことでしょう。

 そう言えばこの店の建物も、よく見るとわずかにカーブ、弧を描いています。

 隣のダイソーでは昔ラミョン鍋を買ったなぁ。2000W商品でしたが、カバンに押し込んだらそれで少し凹み、使用開始すぐにベコベコになり、捨てることになりました。「いいものを長く使う」の方が良さそうです。

|

« とうちゃんの自転車日記1555 復興観光 | トップページ | 2019年3月12日 オープンデイの火曜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6673 清涼里へ:

« とうちゃんの自転車日記1555 復興観光 | トップページ | 2019年3月12日 オープンデイの火曜 »