« 普通の韓国を探して6671 何をやっているのでしょう? | トップページ | とうちゃんの自転車日記1555 復興観光 »

2019年3月11日 (月)

普通の韓国を探して6672 日本ではなかなか見られない風景

389

 東大門区庁前のホームプラスで買い物した後、市場の裏通り、龍頭洞を歩いて清涼里へ向かいました。前の書き込みに記した清涼里から典農洞へ行くガードのある大通りに出ました。90年代はここらへんにもガラス窓の女性の店があり、その前を初等学生が通学、なんて通りでした。


390

 左手は聖パウロ病院、ここの通りに入ります。モテルが何軒かあり、何度も泊まった町でもあります。


391

 と、?撤去工事中の清涼里588の一角、建物の上に人影が。垂れ幕もあり、ちょっとした騒ぎのよう。何でしょう?


392

 どうも、撤去反対の何か?右手には飛び降り時のクッションも用意されて、警察が来ています。でも、案外、小規模。

 昔龍山のあたりの再開発で、撤去反対の住民が自分で建物に火をつけて何人かが焼死した事件がありました。南大門の火事も再開発による撤去補償金に不満を持ったアジョシの放火。再開発などによる反対運動での事件がしばしばある韓国、でもここはちょっと大人しい方かな?


394

 大通りに出る聖パウロ病院脇の道にはこんなビニルテント。警察ではなく、やはり反対運動の人たちの示威行動で、寒いからテントの中で、というようでした。

 日本でも、メーデーなどごくごくマイルドなデモがあるにはありますが、99%の人はそういう示威行動、やったことがないでしょう。韓国、過激なもの、マイルドなもの含めるとかなりの人が参加した経験があるのではないでしょうか? 

 とにかく、日本では見られない風景に遭遇。これも、外国旅行の楽しみの一つです。

|

« 普通の韓国を探して6671 何をやっているのでしょう? | トップページ | とうちゃんの自転車日記1555 復興観光 »

コメント

毎回とても楽しみにしております。

ビニルテントの写真。右がセブンイレブン、左側が薬屋。

新旧入り混じってますね(^^

投稿: 宮崎 清一 | 2019年3月17日 (日) 08時42分

コメントありがとうございます
 参照数はもちろんですが、コメントいただくのが一番うれしいです。
 昔の記事にも書きましたが、私が子供だった60年代みたいな風景もあり、日本以上に未来的な風景もあるのが韓国です。
 先日、古い知人の延世大歯科大の教授ニムが3人のお医者さんを連れて新潟へ。私の診療所にも来られたのですが、「韓国、それだけ歩いていてどこが一番いい?」と聞かれました。 そういう時は麗水や木浦、と答えるようにしていますが、実はどこを歩いていても、免税店や外人用土産品店以外なら面白い私です。

投稿: おとう | 2019年3月18日 (月) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して6672 日本ではなかなか見られない風景:

« 普通の韓国を探して6671 何をやっているのでしょう? | トップページ | とうちゃんの自転車日記1555 復興観光 »