« とうちゃんの自転車日記1610 小島谷駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1612 越後線、弥彦線がクロスする吉田駅 »

2019年6月23日 (日)

とうちゃんの自転車日記1611 大河津分水へ

097_20190623121001

 越後線、小島谷駅を出ると島崎川の谷もさらに広くなります。江戸時代までは重たい荷物を運ぶのは水運がメイン。今は水量も少ないですが、越後平野とは別の島崎川の谷、ここも人が多く住み、豪商もいたり、良寛様もいたり、そんな豊かな土地だったのでしょう。低い山の向こうは日本海です。海岸には平地はほぼ無しで、崖になっています。

100_20190623121101

 そして行く手には越後平野の象徴とも言える国上山、弥彦山が。これも昔は島だったと言われています。

105_20190623121101

 そして大正時代に大工事の末に完成した大河津分水路の鉄橋。地図で見ると、よくこんな信濃川の放水路を100年近く前に掘ったと驚きます。

108_20190623121101

 橋を越えると分水駅。そこそこ大きな町の一つです。

|

« とうちゃんの自転車日記1610 小島谷駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1612 越後線、弥彦線がクロスする吉田駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とうちゃんの自転車日記1610 小島谷駅 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1612 越後線、弥彦線がクロスする吉田駅 »