« 普通の韓国を探して6711 表具・額子? | トップページ | 普通の韓国を探して6713 地下街のドア »

2019年9月14日 (土)

普通の韓国を探して6712 前はバンディ&ルネス、その前は?

441

 鍾閣駅の地下、北側の広くなった部分の大きな本屋です。階段に囲まれた広場の東側。前はここ、ホームレスの人の寝る場所だったりしましたが、今はいませんね。

 けっこう長いこと、この店、ハイカラな「バンディ&ルネス}とか言う名前だったのですが、「鍾路書籍」となっています。大昔も鍾路書籍だったような気もしますが、どっちかと言えば南側の地下直結の永豊文庫が好きなので、あまり行ったことがありません。

440

 韓国の人も本が好き、あちこちに大きな本屋があり、立ち読み自由。日本同様、小さな個人の店はやはり減ってしまっているのかもしれません。

 冬の夜、ポジャンマチャからの帰り、鍾路2街から歩いて市庁前のプレジデントへ歩いた時の写真です。次の訪問、どこへ行って、何をしようかな?

|

« 普通の韓国を探して6711 表具・額子? | トップページ | 普通の韓国を探して6713 地下街のドア »

コメント

ここの前を通ったことあります。ホテルの近くの駅だったかな。ずいぶんきれいな本屋さんだと思いました。入りたかったのですが、連れが本読まない人でしたのでスル―。入れば良かったかなと今思っています。近くの階段には何組かカップルが座っていた記憶があります。階段もきれいでしたよ。たしか3月でした。うーむ、行きたいけど・・・。

投稿: kagari | 2019年9月16日 (月) 16時24分

コメントありがとうございます
 鍾閣の大きな交差点の下、全景はありませんが、おっしゃる通りかなりの広い広場みたいな空間になっています。次の訪問、本屋も行くつもり。でも、断捨離ですので、あまり買わないつもりですが、、、どうなるかなぁ?

投稿: おとう | 2019年9月17日 (火) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普通の韓国を探して6711 表具・額子? | トップページ | 普通の韓国を探して6713 地下街のドア »