« 普通の韓国を探して6742 仁王山5 | トップページ | 普通の韓国を探して6744 これでいいのだ韓国 »

2019年10月18日 (金)

普通の韓国を探して6743 利川市外バスターミナルから龍仁へ

441_20191018081501

 少し前にも書いたように鉄道が好きです。新しくできた線には乗りたい。どんな電車が走ってるのだろう?そんな興味があります。

 この日は京江線という、いずれは高速鉄道が走るという線に乗りに行きました。江南から新盆塘線で板橋。そこで新しい京江電鉄線に乗り換えます。

城南市の板橋から利川経由でヨジュまで、京機道の穀倉地帯を走る電車ですが、、、将来高速鉄道になる線なので、直線部分を多くするため、トンネルが多いんです。さらには、今は電鉄線ですので、スクリーンドアが完備、おまけにこの日の予報、京機道内陸は濃霧とのこと。乗ってても何も見えず、ただの電車です。と言うことで、今まで通過ばかりしていた利川で下車。郊外にできた駅から市内バスで中心部へ。カードが使えるのと、大抵はバスターミナルへ行くので来たのに乗る感じで大丈夫です。写真が利川市外バスターミナル。けっこう大きな町です。

455

 ちょっと歩いて、、、しかし濃霧は晴れません。そこで思い出したのがここの古い記事にもある龍仁市場のスンデチョッパル横丁で食べたマクチャンスンデ。大腸を使った分厚い高級スンデです。あれを食べに行こうと龍仁へのバスを探します。

 と、、、日に4本しかありません。そんな訳無いだろと思って窓口のアガシに聞くと10番乗り場から3番の市内バスが出てるとのこと。この辺、話せるのと、聞き取り力の向上の賜物でした。

456

 教えられたとおり10番乗り場へ行くと、小さく貼り紙で龍仁とあります。

 水原、龍仁、利川、広州、ソウル南部の京機道を歩いた事のある方なら1枚目の写真にもある白と緑の小さ目の市内バスがやたらたくさん走ってるのをご存知でしょう。ここもあのバスが30分おきに走っているのでした。長距離の行先である浦項、慶州の脇に小さく「龍仁」、聞かないと気付きません。

|

« 普通の韓国を探して6742 仁王山5 | トップページ | 普通の韓国を探して6744 これでいいのだ韓国 »

コメント

京畿道圏内は,軽電鉄も最近多く造られているみたいですが(といってもまだ乗ったことがない),やはり路線バスは便利です。車窓から集落や商店を眺める楽しみ,標高のアップダウンを楽しめたりなどなど。昔は,龍仁も議政府もムンサン(パジュ=坡州近くの)も,そしてチュンチョン(春川)も遠かったイメージですが,軽電鉄やら鉄道延伸やらであっという間に。。。

投稿: さいとう | 2019年10月22日 (火) 06時38分

電鉄線の拡充、軽電鉄、でも、やはり一番細かいのは市内バスのネットワークでしょうね。
ただ、旅行者には聞いてみないとわからない、そんな点が困ります。あと、ちょっとした集落を網羅するため、市外バスに比べ思ったよりも時間がかかることも。
 この時もそんなに遠くない隣町的イメージの龍仁まで、1時間以上かかりました。

投稿: おとう | 2019年10月25日 (金) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普通の韓国を探して6742 仁王山5 | トップページ | 普通の韓国を探して6744 これでいいのだ韓国 »