« 普通の韓国を探して6728 新堂にもある「カメゴルソンワンマンドゥ」 | トップページ | 普通の韓国を探して6727 新堂のソウル中央市場 »

2019年10月 4日 (金)

すばらしい韓国の食事1021 やっぱり美味しいチャジャン麺

154_20191004082601

 河霜さんには呆れられましたが、今回の訪問、朝食は3回とも24時間営業の韓式中華の店「賢京」という店で食べました。東横インソウル東大門2の目の前の交差点の対角線方向。退渓路からちょっと引っ込んだ場所ですが、わかりやすい場所。向こうに見えるちょっと高い建物は日本人も昔から多かった迎賓荘モテルです。

 流石に午前5時台はお客さんは少ないですが、出前はバンバン。やはり東大門市場です。

152_20191004082501

 最初の朝は三鮮カンチャジャン。「カン」はどういう意味かわかりませんが、あんと麺が別々のもののことかも。何故かチャジャンとカンチャジャン、500W値段が違うんです。洗い物の手間でしょうか?「カン」と付く別々のほうが高いんですよね、麺よりあんの方が多いくらい。大部分はタマネギですが。

153_20191004082501

 あんを麺にかけて均一な色になるまで混ぜていただきます。美味しくないチャジャン麺、何十回と食べていますが2回しかハズレはありません。たぶん、チャジャンが美味しくないとやって行けないのでしょう、中華の店。

 値段は9000W、まぁ、高くなったものです。

|

« 普通の韓国を探して6728 新堂にもある「カメゴルソンワンマンドゥ」 | トップページ | 普通の韓国を探して6727 新堂のソウル中央市場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普通の韓国を探して6728 新堂にもある「カメゴルソンワンマンドゥ」 | トップページ | 普通の韓国を探して6727 新堂のソウル中央市場 »