« 2019年1月6日 - 2019年1月12日 | トップページ | 2019年1月20日 - 2019年1月26日 »

2019年1月19日 (土)

普通の韓国を探して6620 「ウリチプルールイmニダ」

434

 ディーカで写真、できるだけフレームと水平性、気を付けています。ただ、望遠はあまり好きじゃないので身体で移動して合わせる、そんな感じです。論文の写真を手掛けた時から厳しく指導された習慣かもしれません。

 へんなタイトルですが「この店のルールです」かな。映画「ヘオドレッサ」の中のアンソンギふんするアンリ朴の台詞。

 鍾路1街、2街付近の変わりよう、特に火事になったあの町の様子を見に行った際、嬉しくも残っていたポジャンマチャ「カタルシス」での1枚。もう20年も通ってるかもしれません、この屋台。

 実はここへ来る前に、後日紹介しますが、前から食べたかった燻製オリクイの店で半マリを注文。でも、半分くらいしか食べられなくて、残った燻製肉を包装。それと、近所のハーモニーまーとというスーパーで、イチゴだったかな。買って入店しました。

 ポジャンマチャ、何度も書いていますが、安くはありません。そう高くもないですが。酒が4000W、アンジュは10000W以上。ウドン、ラミョンも4000か5000Wでしょう。

 私もたらふく食べた後なので挨拶だけ。焼酎は1杯だけ飲んで持ち帰ってと思い、お土産を渡して事情を説明、焼酎1杯だけ、と頼みました。その辺、自由が利くのが韓国の行きつけの店のいい所です。でも、ちゃんとオデンクンムルを出してくれて。話すことができました。

 で、ウリチプルールですが、すぐ後に入ってきた若いカップル、焼酎1本とウドン1杯を、と注文したら、ご主人、この店の規則ですので何かアンジュ(肴・料理)を1品頼んでください、と言いました。やはり商売ですので、2人で1万行かないお客さんは困るのでしょうね。

 ということで、何も頼まない不法ソンニムの私、4000Wだけ払ってすぐにおいとました次第です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6619 金浦から議政府行きのバスは時間がかかる

012

 韓国に何度も行って、かなりの地方を自分だけで歩いてて、金浦から雲川里へのいくつもの行き方も知っていて、で、議政府経由を選んだ私。失敗だった、と少し前の記事で書いたのですが、その話です。

 簡単に言うと金浦から議政府へのバス、まっすぐ高速を走れば2~30分で行くのに、重要な都市であるイルサン新都市を経由するのでけっこう時間がかかったのが失敗でした。

 写真は金浦空港から外へ出る立体交差。15時30分発のバスが国内線バス停でも客を乗せて、15時36分です。しかしこの後、高速道路で漢江を渡って入っていったのはイルサン新都市でした。


014

 名前は聞いてて、いいとこだと勧められた湖水公園バス停。16時11分。30分以上走って、まだイルサン市内のここです。


015

 ドラマ「テリョ(パンチ)」の撮影もしたというイルサン新都市。まるでソウルの江南か、城南の盆塘みたいな新しい街でした。これが16時18分。


024

 やっと高速に戻って、16時34分。統一路インター。もう1時間経ってしまいました。金浦からまっすぐ来れば10分ちょっとではないかな?ここまで。まさに想定外です。


031

 片側4車線の日本には無いようなトンネルをくぐるともうすぐソンチュ。これが16時38分。


037

 議政府の手前のソンチュで高速を下りて、これが16時41分。しかしまた議政府市内も市庁前だの、駅前だの、ちょっとぐるぐる回るのでした。


052
 議政府市外バスターミナルでぎりぎりで東ソウル発の東松行きに乗ったのが17時23分。

 3時半に金浦を出て、1時間はかからんだろうと思いきや、議政府市内はともかく、イルサン新都市をぐるっと一回りして、2時間近くかかって議政府ターミナル。

 たぶん一番の正解は、金浦空港から空港リムジンの水落山行き(同じ高速経由でソウル市内は通らず、3~40分)に乗ってスユリからのバスに乗り換えることだったでしょう。

 水落山からスユリはタクシーか、そこまで戻らずに道峰山か放鶴で東松行きのバスに乗るかでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6618 麻浦にもあったハヌソ

673

 最終日の朝食はマポオク(麻浦屋)のソルロンタン。半分以上はあそこです。261番だったか、ロッテの前からバスに乗り、西部駅から萬里洞コゲ、孔徳を過ぎて麻浦駅前。暗い中7時の開店に合わせて歩いてたら、「ハヌソ」がありました。

 倉洞店の記事をここでも前に書いています。韓牛のカルビチプで、いくつか支店があるのでしょう。  韓牛+固有語のソでハヌソ。当時初等学校1年生だった食堂アジュマ3の次女は見事に引っかかって「ホヌソ」とか読んでました。


675

 韓牛は茶色い韓国の在来種。日本でもそうですが、和牛とか韓牛。やはり高いですねぇ。左のは旧正月用の贈り物セットの広告です。手軽な方でしょう。ロッテ地下でも見ましたが50万とか100万とか中には200万Wとかの牛肉セット、鮑詰め合わせ、高級果物、クルビ。豪勢にお金を使う韓国人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6617 パンチボウルシレギ生産者協議会

586

 前に新聞広告の話をここで書き、河霜さんが実際に購入したという「パンチボウルシレギ」、中部市場の乾物店の店頭で見つけました。

 大根菜を干した昔からの韓国の保存食。冬場の野菜が少ない時期のための食べ物です。普通は市場の店頭やら、個人の家の前だのにちょこっと干してあったりするのですが、楊口のパンチボウルでは、大根が主でなく、上等のシレギを作るために栽培しているのだとか。一箱で数万Wもすると聞いています。

 買えないので控えめに写真を撮らせてもらいましたが確かにきれいに揃ったサイズのシレギでした。味は、、、どう違うのでしょう?

 ずいぶん前に行ったパンチボウル。日本人ではかなり早い時期の訪問だと思います。その後、トンネルもできたし、行く人も少しは増えているみたいですが、今はどうなってるのでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

普通の韓国を探して6616 「チョソ」? 聞き取りはまだまだ

325

 鉄原郡、とある田舎の集落へ行ってみたのですが、帰り道の写真です。立派な、、、農産物直販場と観光施設を兼ねたような建物に灯が点いていたので、駅への道を尋ねました。

 実はその前にも、集落の中で珍しく寒い中、歩いていたハラボジに駅への道を聞いたら、どうも聞き取れません。それに、何だかある程度わかってる自分の頭の中の行き方とは違う道を言ってるよう。 道に迷うのもいやなので確実な、自分でわかる方向へ歩いて、その施設でまた確認したのです。

 写真はT字路。施設のアジュマの話ではまっすぐ行ってチョソの所を右へという話。まぁ、確認でしたので「チョソ」の意味は深く考えずに歩いてきました。右へ行くと駅のはず。自分でもそう思ってます。


329

 で、その右への道。田んぼの中、何も無さそうな田舎を一直線に広い道が走ってます。周囲はほとんど田んぼですが、「一般国道3号線」?

 1号線がソウルから木浦というのは知っていましたが、一桁国道という言葉もあります。日帝時代、朝鮮時代から大事な道だったのかもしれません。


328


 そしてその角にあったのがこれ。これが「チョソ」のようです。これなら知っています。ここは無人でしたがこのあたり、いくつもの場所にこういうのがあって、中にはM16を持った軍人さんがいて、何かあれば車を停めて検問したり。

 改めて調べてみたら「哨所」。「歩哨」という言葉は知っていましたので「歩哨の軍人さんの詰所」が「チョソ」なのだと分った次第。また、変な外国人がうろうろしてると検問されてしまっても困るので、誰もいないのを幸いに、2枚目の写真の道をすたすた歩いて行ったのでした。この日の歩数計の値は24030歩でした。

 大体、こんな道をごろごろカバンを引いた外国人が歩いてたら、ちょっと怪しいと日本でも思われるでしょうから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6615 浅はかな考え?

048

 寒い韓国で、寒い冬に、中でも寒い地方に行く。古い記事に新鉄原で零下26度の日にそこへ東ソウルからバスで行ってみた、というのがありますが、またそっちへ行ってみました。

 目的地は雲川里。ここも、前に真冬の同じころ、行ってみたことがありますが、やはり東ソウル市外バスターミナルへ行ってバスに乗りました。

 韓国へは何度も行って、地方もたくさん歩いて、まぁ、ベテランだとは思っていますので、どうやって金浦から雲川里、あ、抱川市の永北面の面事務所所在地へ行くか?zれこれ考えてみました。

 金浦から空港鉄道、もしくは地下鉄、もしくはリムジンバスで2号線江辺駅前の東ソウルターミナル。けっこうかかります。小さいながらごろごろカバンもあります。それに、だいぶ東へ移動してから北へ向かいますのでソウル市内の移動もかなり。もう少し効率の良い経路は?と考えました。

 金浦からのバス、ソウルの北だと坡州行き、東豆川行き、本数は少ないけど全谷行きもありますし、比較的本数の多い議政府行きもあります。 また、ソウル市の北部にあるスユ里(スユリ)からもポチョン、鉄原方面へのバスがけっこう出ています。東ソウルに負けない本数だったと思います。

 ソウル市内を横断せず、スユリか議政府を経由するのが移動距離も少なく、良さそう。一番スマートだって考えて、まず乗ったのは議政府行きの京機道のバスでした。

 でもこれがちょっと失敗。一番の方法は多分リムジンバスでのスユ里経由でしょう。私の知識もまだまだ浅はかでした。理由はまた記事を改めます。

 写真は終点(バス会社の営業所のある場所)の一つ手前、議政府市外バスターミナルで下車した時のものです。


501

 そこからちょっと歩いて市外バスターミナル。5分も待たずに乗れた東松行きのやはり紫色のバス。西にある韓国でも流石に薄暗くなる17時25分くらいに出発。ここではグッドタイミングではありました。

 で、終点東松の少し手前にあるポチョン市のウンチョン里の小さなターミナルに着いたのは18時50分。既に真っ暗な中、歩いて宿へ向かいました。

 皆さんなら公共交通機関で金浦から雲川里、どう行きますか?あまり普通の韓国観光には役立たない話ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6614 金浦空港大韓航空ラウンジにて

812

 今までの多くの訪韓の中で、雪のために行けなかったり、新潟に帰れずに成田に入って上野駅付近で泊まったり、いろいろあった新潟空港。スタッフの希望でできた連休をうまく利用するとともに確実に今日の仕事ができるように、羽田金浦線で行ってきました。

 今までも何度か羽田からというのはありました。マイレージサービスの中級会員ですので、年に2回、ビジネスクラスのラウンジを使えます。この2年くらいはあまり行かなくなったので次回、秋の更新の時には陥落が確実。ということで今年の1回目、金浦で使ってみました。

 夜遅くなりますが新潟で車を運転しないといけないので、日本到着後は飲めません。ということで、ビールとサンドイッチを頂きました。

 初ソウルからもう23年。昔はあんまりだった韓国のパンも、最近はけっこう美味しくなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して6613 韓国 鉄原 旧労働党舎?

207

 久々の訪問でした。今回はちょっとだけソウルの北を歩いてきました。写真は鉄原、旧鉄原と言われる東松にある旧労働党の庁舎、、、かと一瞬思ったけど、まだ東松の手前。韓国によくある、建設を進めたけど予算の不足とか、施主の倒産とかで工事を途中で止めたと思われるビルでした。窓が多いのでホテル?とも思えますが、広大な野原の中の廃墟というか、ま、廃墟。日本だったらこういうのが好きな人の対象になりそうです。

 一日ひとついい事があればそれでオーケー。そう考えていますが、いくつかそんなのを経験した旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

医院ブログ傑作集90 2013年5月29日 安義だったかな

234

 おはようございます。

 今日は休み。消毒・滅菌した器材の片付けに出てきました。ちょっとこれから東京へ行ってきます。天気がいいといいなぁ。

 写真はカルビの名産地、慶南?安義という山の中の小さな町の小さなバスターミナルにあったクレーンゲーム機。 ここでも韓国のクレーンゲーム、何度か紹介していますが、ロブスターだったり、生きてる物を捕るやつもあったり成人向けのもあったり。なかなか面白いです。

 しかし熱くなりやすい韓国人のためか、5万Wで60回という設定があるのは、、、面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

医院ブログ傑作集2012年10月17日 鍾路2街・火災の前の町

209

 鍾閣交差点、三星証券鍾路タワーの脇から寛勲洞のほうへ行く斜めの道。一時はホテルソンビを定宿のようにしていたので、何度も歩いてる道です。写真は2012年。たぶんこのすぐ後の冬だと思いますが、けっこう大きな火事があり、ずっと工事用フェンスに囲まれて手つかずだった町があります。

 この写真はその火事になった一角の向かい側。燃えはしなかったと思いますが、閉店していたような。今はどうなっているのでしょう。よく行ったシュポです。


210

 左手が火事になった一角。その後何度か通っていますが、再開発の開始は確認していません。細い通りですが、ソウルのど真ん中。飲食店も多かったので人通りはたくさん。そんな道です。


211

 地べたビューで、三星証券に近い当たり。火事になったのはこの先右手になります。今度行く機会があれば、行ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月6日 - 2019年1月12日 | トップページ | 2019年1月20日 - 2019年1月26日 »