« 韓国カゴシポ354 かなり古い写真、黄鶴洞 | トップページ | 韓国カゴシポ355 またも2006年11月3日の黄鶴洞 »

2021年2月 5日 (金)

とうちゃんの自転車日記1108 海の中は早く春が来る

110-10

 インターネットというかスマホ、いい暇つぶしにもなります。電話代が高くならないようほどほどにしているつもりですが、ついつい時間があると見てしまったり。気に入ったサイトはお気に入りにして楽しんでいます。

 その中で、地元のそこそこいい寿司店のブログ、ほぼ毎日見ているのですが、最新記事が「春の訪れを告げる」というタイトルでサヨリでした。韓国語だとハkコンチ(鶴サンマ)です。

 大学院の最後の頃、論文も終わってやっと一息つけた頃、何か月間か佐渡の病院にアルバイトで行っていました。今はもういない「おとめ丸」という小さな船で通った2月ころ、2等船室は下の方にあり、海があれるとザッパーンと窓に海水がかかります。なんとか酔いはしませんでしたが暗い夜間の船で、ちょっと心細いような気持ちで行ってました。

 そのアルバイトの帰り、今度は昼間、両津港のそばの海と加茂湖という海水の湖をつなぐ水路の橋のところで釣りをやっている人がいて、見ると獲物はサヨリ。見えてる魚は釣れないといいますが、釣れていたんです。

 今はちょうどそんな時期、ここでも韓国の八百屋の海藻がまだ寒いうちか売られ始めると書いていますが、新潟のスーパーでもギンバソウという佐渡の海藻が売られ始めました。サヨリに海藻、春は近いぞって、その記事で感じた次第です。

 写真はFDAで福岡へ向かう機内からの佐渡です。両津湾と反対側、佐和田、相川の方です。どこかへ行きたいですね。コロナ時代ですが、前向きに考えたいものです。

|

« 韓国カゴシポ354 かなり古い写真、黄鶴洞 | トップページ | 韓国カゴシポ355 またも2006年11月3日の黄鶴洞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国カゴシポ354 かなり古い写真、黄鶴洞 | トップページ | 韓国カゴシポ355 またも2006年11月3日の黄鶴洞 »