« とうちゃんの自転車日記1128 新潟平野は広い | トップページ | 韓国カゴシポ378 不思議な集合住宅・仁川市 »

2021年3月 2日 (火)

韓国カゴシポ377 どこだろう?と思ったら昌原市馬山でした

053-5

 馬山、昌原、鎮海が合併して昌原市、一番大きいのは昔から馬山だと思っていましたが、昌原は政治関係というかお役所なんかがある慶南の中心という事なのでしょう。

 馬山駅のそばには市外バスターミナル。湾の一番奥に高速バスターミナル。江南からの深夜優等高速はそこに着きます。

 真っ暗な中、タクシーで市外バスターミナルへ向かったことがありますが、韓国、始発の交通機関を考えず、夜行列車も高速バスも2時3時に到着。技士さんは早く上がって休みたいのでなおさら飛ばす。予定時間よりかなり早く着いてしまうんです。

 話がそれましたが、これ、馬山の旧市街のうんと南にある新しい町のあたり。馬山南部市外バスターミナルの周辺の町です。駅の辺が昔からの馬山。その南に日帝時代の日本人町、新馬山ができ、そのさらに南、埋め立て地かもしれませんが新しい繁華街ができていたの、この2014年まで知りませんでした。巨済島だの南の方へ行くバスの出るターミナルのようでした。

056-4

 こんな写真だけ見るとどこの都市だか分りませんよね。

|

« とうちゃんの自転車日記1128 新潟平野は広い | トップページ | 韓国カゴシポ378 不思議な集合住宅・仁川市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とうちゃんの自転車日記1128 新潟平野は広い | トップページ | 韓国カゴシポ378 不思議な集合住宅・仁川市 »