« とうちゃんの自転車日記1589 愉しかりし山の舞台 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1590 南駒ヶ岳と空木岳と黒覆尾根 »

2021年12月14日 (火)

2021年12月14日 適量とは

E6f691b08d2042079dbee9c6a81ad9c6

おはようございます

この夜は、夜中に起きてトイレに行くこともなく、ぐっすり眠れました。ほぼ毎日酒を飲むけど、老化は着実に進んでるはず。「適量」を考えないといけないですね。

夜間診療の日だと就寝は10時過ぎ。4時半までだと6時間半くらい?年齢のせいか、それくらいでもぐっすりなら充分だと感じています。

少し前に、科学者ので端くれだなんて書きましたが、最良の疲労回復方法である睡眠をしっかり取れる適量、結局はそこらに書いてある数字になりそうです。

酒、適量、で検索すると最初に出てきたのがサントリーのHP、一日アルコール20ccで週に2回休刊日をとあります。5%のビールだと500ccのロング缶で25cc。最近はやりのストロングチューハイだと500cc1本でも45ccになります。「安くて酔える」ってのは考えそうなこと。私もちょっとあるのですが、かなり違います。

前に、カクテル用のジガーで測って焼酎をと書いたのはフェイスブックだったか?ここだったか?

25%の焼酎だと100ccで25cc。40%のウィスキーだと60ccで24ccがアルコール。なかなかまとまりにくい話ですが、25cc/day以下で、週に2回休む。ちょっとそんなのを試みてみましょう。

写真は行きつけだった古町のバー「ラ・アンドレ」の閉店前に行ったときにサービスで出してもらったバランタイン30年のロックです。

|

« とうちゃんの自転車日記1589 愉しかりし山の舞台 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1590 南駒ヶ岳と空木岳と黒覆尾根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とうちゃんの自転車日記1589 愉しかりし山の舞台 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1590 南駒ヶ岳と空木岳と黒覆尾根 »