« とうちゃんの自転車日記1559 JR東海のが頑張ってる? | トップページ | とうちゃんの自転車日記1561 항상 기뻐하라 (いつも喜んでいなさい) »

2021年12月 4日 (土)

とうちゃんの自転車日記1560 久々に松屋で朝食

D6048263518f4333b7e98ae33768d12c

12月3日の朝は少し前にも書いたように散策を兼ねて松屋へ。さすがに浜松市も5時台は寒かった。 期間限定メニューのチキングリルニンニクソースだかを注文。セルフの松屋は初めてかな。しばらく待って自分の食券番号が出たら取りに行きます。

生野菜がつかない590円の安い方のセット、これがかなりのニンニクでした。美味しいんだけど休みでないと食べにくいくらい。あと、ちょっとしょっぱめ。大抵の松屋の限定メニューは美味しいのだけど、次に期待です。

|

« とうちゃんの自転車日記1559 JR東海のが頑張ってる? | トップページ | とうちゃんの自転車日記1561 항상 기뻐하라 (いつも喜んでいなさい) »

コメント

 ご無沙汰です。おとうさん、浜松にいらしたんですね。
私は先月末の土日にやっとのことで長岡墓参りに行けました。二年ぶりです。
 で、帰りに水上温泉を予約して長岡から日に四本という上越線に乗り二時間かかって水上駅に着きました。
途中、湯沢に近くなるにつれて雪景色となりびっくり仰天。例の国境の長いトンネルと抜けると雪国であったという有名な冒頭の一説の通りになりました。まだ11月なのにと思って、でも各駅停車の旅は情緒がありました。新幹線では味わえないゆっくりとした越後平野の景色が広がっていました。小さい頃祖母に連れられて、乗った列車を思いだしていました。確かまだ床が木製だったような微かな記憶が。違ったかしら。

投稿: かがり | 2021年12月 4日 (土) 21時19分

コメントありがとうございます
私が新潟へ来たのは51年、1976年。最初の1年は亀田町の親戚の家においてもらいました。当時は新潟地区にも、昔の電車、旧国電が走っていて、確かに木製でした。また、磐越西線からの旧型客車をDD51というディーゼル機関車が引く列車もあり、ドアは手で開けるのでした。混んでる時はドアを開けたまま走ったり、過保護でなかった時代ですね。

ともあれお墓参り側できてよかったです。長岡は年によっては、ひと雪でお墓への道が閉鎖になりますから。今年は雪は遅いかも。降る量はわからないけど。
換節期、ご自愛ください。

投稿: おとう | 2021年12月 5日 (日) 05時51分

木製の床の油の匂い!あれ未だに思い出します。ご存じの方がいられて嬉しいです。
 私のなんちゃって乗り鉄、各駅停車好きの今を後押ししてくれてるのは、多分幼い頃の祖母や母のお伴で故郷への往復で乗ったこの上越線が大いに影響していると思われます。今はもう皆鬼籍に入り誰にも聞けなくなった少し切ない思い出です。

投稿: かがり | 2021年12月 5日 (日) 10時53分

でしたね。掃除の後、床に油を塗って仕上げるみたいだった。座席の縁とか手すりも木だったりして、席の布は緑とかだったようにも思えます。あれは玉電かなぁ。都電もたくさんあったし。
60年代、新幹線ができて国鉄、大きく変わったように思います。

投稿: おとう | 2021年12月 5日 (日) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とうちゃんの自転車日記1559 JR東海のが頑張ってる? | トップページ | とうちゃんの自転車日記1561 항상 기뻐하라 (いつも喜んでいなさい) »