2017年4月24日 (月)

すばらしい韓国の食事994 結局野菜スンデの夕食

510

 この写真は再掲。安東保健所の並びにあった新義州チャプサルスンデという店で食べることにしました。たぶん全国チェーンで、少し前の西小門洞の記事にも出てきたと思います。早い時間からけっこうお客さんがいたので決めました。


529

 頼んだのは野菜スンデとマッコリ。8000+4000だったかな?閉店してしまった清渓4街の店とはちょっと違う様子。あちらは卵と内臓肉が決め手だったと思います。


532

 慶州法酒というのは聞いたことがありますが、確か清酒みたいな酒。その会社のものでしょうか。いろいろ書かれています。味のために削ってまた削って20%というのは日本酒で言う精米歩合?そのせいかどうかはわかりませんが、爽やかで美味しかったです。


531

 野菜スンデの中身は野菜と肉ともち米。充分ご飯の代わりになる一食でした。ソウルにもあるのでこのチェーン店、選択肢の一つになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

すばらしい韓国の食事993 英陽マッコリとテンジャンチゲ

451

 ひとつ前の記事の「新千年マート」、やはり地酒ならぬ地マッコリ、ありました。慶尚道なので「生濁」もあるし、「麹淳堂」のもあります。でも、目的は白いボトル、この英陽の濁酒です。


452

 英陽生マッコリ


453

 日帝時代、役所の次の電話番号がここだったという伝統ある醸造所だそうです。


456

 結局、お腹もすいたので、マートの向かいの韓食の店で、テンジャンを注文、持込みの許可を得て楽しいお昼です。かなりおかずも充実、美味しい店でした。


457

 しばらくしてテンジャンチゲ登場。英陽マッコリの醸造所について店のアジュマ、娘さんと話しながらの嬉しいお昼でした。ずっとコンナムル(豆もやし)の根を取りながらのお喋りでした。


459

 この食堂です。韓国の食堂、長く続いてる店はまずハズレはありません。また行ってもいいと思う食堂です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

すばらしい韓国の食事992 釜田駅前でトーストを包装

209

 西面のテジクッパプコルモク、「松亭テジクッパプ」での朝食は5時過ぎ。汽車の時間は7時20分。ちょっとお腹に余裕が出てきたので釜田駅前の露店でトーストを包装です。

 椅子がいっぱいありますが、昼間は暇なハラボジがたくさん集まって焼酎をやっていたりする場所です。韓国の地方の駅前ってみんなそんな感じですよね。


211

 韓国式トースト用に少し薄目にスライスされた食パン。


210

 千切りキャベツに鶏卵2個を割り入れてからめ、マーガリンをたっぷりひいた鉄板に流します。ターナーの下にもパンのためのマーガリンが見えています。


212

 続いて食パンを焼きます。


213

 もうすぐ、という頃にケチャップを。そうそう、砂糖は入れないでくださいと最初に頼んであります。

 何も言わないと砂糖が振りかけられてかなり甘くなるのがトーストです。もっとも、ケチャップもトマトジュースも、かなり甘いんですよね、韓国。野菜ではなく果物扱いのトマト、さしづめトマトジャム的な感覚なのかも。


234

 で、動き始めた汽車の中でほのかに温かいトーストをいただきました。ひとつ前の記事とほぼ時間は一緒。2000W、かなりかなり美味しい軽食になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

すばらしい韓国の食事991 西面・松亭テジクッパプで朝食

127

 西面のテジクッパプ通り、慶州、浦項、松亭の他にもいくつも専門店が集まっています。松亭が一番好みかな?3度目くらいの訪問。お客さんも6時前なのに結構入っていました。


128

 ただぶっかけるだけではない様子で、ちょっと待って登場。6500Wは場所代もあるでしょうが、充分納得できる安くて美味しい朝食です。


129

 熱いうちに韮を全部ぶっこんで。


130

 完食。どうして韓国の豚肉、美味しいんでしょう?前に「前肢、バラで~」とありましたが、朝から豚肉、堪能して身体も暖まりました。宿へ帰って荷物をまとめて出発しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

すばらしい韓国の食事990 ハルメクッパプのテジクッパプ

051

 エクスプローラさんに教えてもらった店、ハルメクッパプです。焼酎は全部飲めなかったら持ち帰るつもりで注文。5時過ぎでしたがほぼ満席でした。けっこう茹で肉を頼んで飲んでいるテーブルが目立ちます。


053

 韮を全部入れて、少しの塩、セウジョッを加えて味を調えていただきます。


054

 こんなふうにセウジョッにつけて食べたりもしました。キムチも美味しかった。そうそう、隣のテーブルのハルモニが「キムチジョムジュイソ」って。だんだん慶南方言も薄れてきてると感じた今回の訪問でしたが、お年寄りはやはり「ジュイソ」なんですね。


055

 美味しいクンムルも完食。焼酎は半分くらい飲みましたが常連さんへのサービスに使って下さいと言って置いて帰りました。もう少し脂がある肉が多いといいんだけどなという感想を持ちましたが美味しい夕食になりました。釜山へ行った目的の一つはテジクッパプ。翌朝の食事もそうでした。ご馳走様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

すばらしい韓国の食事989 ポkポkハダ=ぱさぱさした

126

 西面のテジクッパプコルモクの中の一軒である、ま、有名店「松亭テジクッパプ」の店内の掲示です。

 「カラ」は行け、だけど、上の方から読んでみると、「当店では安いけどポkポkした後肢は使っていません」という掲示です。「いらない」、「出て行け」みたいな意味が「カラ」なのかもしれません。そしてスマホの辞書で探すと当たり。ポkポkハダはパサパサしたです。

 チョッパル(豚足)関係で書いていますが、豚の脚で美味しいのは前足。豚足の店でも「大」という一番高いのが前足。日本のラーメン店でも「もも肉」と「うで肉」として前後の脚を区別している店もあります。

 安くてもパサパサした後足は使わず、しっとり美味しい肉質の前肢、ばら肉、ハンジョンサルを使っていますという店の自慢というか方針を謳った貼り紙のようでした。浦項、慶州、松亭、何度も行ってるのはここ「松亭テジクッパプ」です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

すばらしい韓国の食事988 オリコギ燻製クイ

360

 オリは鴨。養殖の合鴨かもしれませんが、脂肪が鶏よりも少ないと行こうとで身体にいい食品とされています。

 燻製にしてほぼ火を通した鴨肉を少し焼いて、葉っぱに包んでいただく料理、一人では食べられませんので、知り合いの食堂アジュマ3に来るまで連れて行ってもらいました。


361

 焼くというか、温める感じ。そのままでも食べられるのだと思います。


363

 ヨニッパプ、蓮の葉っぱで包んで蒸したおこわです。


356

 少し前に書いたフィリピンのホームステイで2年間初期留学に行った2年生と4年生の娘さん。しかしほんと、大丈夫かなぁって思いますが、そんな韓国人初等学生2万人近くいるのだそうです。また韓国に帰ってきても勉強勉強ってなるんでしょうが、大変だなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

すばらしい韓国の食事987 辛くない韓国料理・安東料理

295

 河霜さんのおごりでの点心(昼食)です。大昔、ニフティの東アジア会議室で知り合った伊達直人さんに連れて行ってもらった慶煕宮そばの店以来の2度目。白菜キムチを除き、赤い色が見えません。安東料理、辛くない物が多いのです。

 メインは安東韓牛のスユク(茹で肉)、それと、上に見えていますが、大きく薄切りにしたテグ(真鱈)の煎(ジョン=衣付け焼き)。


296

 マダラの煎の上にちょっと混ざっているの、何だろう?と思ったら牛の肺、ホパの煎でした。大阪とか沖縄へ行くと煮込みに入っていたりしますので日本でも食べるのでしょうが、韓国行って知った味です。案外食べやすい、美味しい内臓です。


297

 仕上げはククス。安東ククシって言うのでしたっけ?優しい味の温かい麺です。上には、確か牛タンだったかな?やはり茹で肉がのっていました。

 韓国料理=唐辛子で辛く、にんにくたっぷりってイメージがありますが、慶北安東の料理はちょっと違う。そんなですので、何度も行ってる方、ちょっと試してみるのもいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

すばらしい韓国の食事986 倉洞スップルテジカルビは美味しい

026

 3人知ってる食堂アジュマの1人とそのお子さんに連れて行ってもらった「倉洞スップル(炭火)テジカルビ」という店です。韓国語で検索すると結構出てくる美味しい店のよう。順番待ち当然だそうで、入り口入ってすぐのホワイトボードに名前と人数を書いて待つのでした。


036

 厨房で途中まで焼いて出てきます。韓国のブログなどだと牛のカルビもあるのかな?店のアジュマがいろいろ世話を焼いて焼いてくれます。


321

 三つ葉と一緒に食べるように店のアジュマがとってくれた肉。一口目で美味しさにびっくり。豚肉の質もあるでしょうし、漬け込みだれの味も格別。韓国生活1年以上、何回もテジカルビを食べていますが、ここ、最高でした。


030

 マッコリもすぐ近くの醸造所の当日瓶詰されたもの。1人で飲みましたが、とにかくここ、豚肉の味付けが抜群。いい店を教えてもらいました。倉洞、ソウルの北東部ですが、4号線だとそんなにかかりません。店の場所は韓国語の検索ですぐにわかります。お勧めできる店。ただし順番待ちが当たり前の店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

すばらしい韓国の食事985 仁川空港「ボンビビムバッp(ボンジュク)」で海物粥

260

 新潟行きの763便、仁川空港9時55分発だったか、10時5分だったか、そんなです。

 空港で楽できる事前出国サービスを受けるにはソウル駅空港鉄道駅のチェックインカウンターに7時前、7時に出国手続きのお役所が開くのを待って手続き、7時半の直通列車に乗らないといけません。

 となると市内中心部のホテルでも6時半にはチェックアウト、ソウル駅に向かいますので、朝飯の時間が、、、

 ということで、仁川空港到着後の朝ごはんでした。本粥(ボンジュク)は有名なお粥のチェーンですが、本ビビンバという店もやっています。空港の到着階にその店があり、お粥も、全種類ではないかもしれませんが出しています。空港は少し高いのかな?海物粥9000Wを注文、お金を払ってレシートと番号票をもらい、できるのを待ちます。


261

 これはヘムルチュック、海物粥。おかずはいつもと一緒。白菜キムチ、チャンジョリム(牛もも肉の煮たの)、生姜の漬物です。けっこう深い器にたっぷりのお粥でした。


262

 さて、ヘムルって何かな?と思っていただきます。


263

 アサリのむき身に、イカに、なんかの貝。別にもっと高い鮑粥があるのであわびではないですが、しっかりした身の、元は相当大きいと思われる貝です。南米のチリあわび、ロコ貝というやつかな?アワビの代用という感じの貝。この他に小エビがけっこう入っています。

 最近食べなくなったとはいえ、食いしんぼうの私でも十分な量。安くはないけど、お腹いっぱいになれました。また行ってもいい店ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧